ロンドンの街並み
大好きな場所

朝から、お土産のチェックをして荷物をパッキング。日本に送る作業を済ませると、時計は既にランチの時間を示しておりました。

「ランチは公園でとろうか?」「うん!」いつものようにサンドイッチ、スナック、飲み物を買い込みお気に入りの公園、ケンジントンガーデンへと向かいます。

このガーデン内にはあのダイアナ元妃が住んでいらしたケンジントンパレスがあります。今でも門の前には花束が置かれてあり、彼女の偉大さを感じさせられます。

ケンジントンパレスの門

あの悲しい事故があった日はロンドンに滞在しておりましたが国中が大騒ぎでした。花束を持ってこのパレスに来た日がまるで昨日のことのように感じます。

この広いパーク内が人・人・人・・・と人の海のようでした。パレス前では泣き崩れる人、じっとお祈りされている人、本当に忘れることのできない悲しい思い出です。門の前でそっとお祈りし、無邪気に駆け回るとーくんのそばに戻りました。

ランチをとった後、とーくんが大好きな恐竜たちがいっぱいのロンドン自然史博物館に足を運びました。恐竜たちといっても骨になっておりますが、図鑑で見ている恐竜たちの骨を観て大興奮のとーくんでした。

これまで観た博物館や美術館、遺跡の中で一番テンションが上がった場所だった気がいたします。こちらの博物館は子供達に大変人気があるようです。

博物館内

ロンドンでは、ほとんどの博物館・美術館が無料です。あの有名な「ゴッホのひまわり」も無料で観ることができるなんて素晴らしい。

ですが、無料と言っても寄付用の大きな透明の箱があります。勿論、強制ではありませんが、私的にはこんなに素晴らしい物を見せていただけるのだから、「ありがとう」の気持ちを少しでもINさせていただくのが礼儀だと思っております。

たくさんの恐竜たちに楽しませていただいた後は一旦ホテルに戻り休憩、エネルギーを満タンにしお日様が沈むのを確認して再び行動です。

最後の夜は大好きな場所にお出かけです。ロンドンに来ると最終日の夜は必ずここを訪れます。私の大好きなタワーブリッジです。昼間のタワーブリッジも素敵ですが、夜は又格別です。

夜のタワーブリッジ

「うっわ~!きれいだねマミー!!」と、とーくん。

美しくライトアップされたタワーブリッジは何度見ても最高に素敵です。今回もやはり、最後の夜はここと決めておりました。余談ですが、ロンドンで結婚式をあげた私ですが最終日の夜はやはり主人とここに来ました。

大好きな人と夜のタワーブリッジを眺めるのは、私にとって心からの喜びなのです。暫く橋を眺め、又きっと来られますようにと呟き、美しいタワーブリッジを後にした私達でした。

イギリスの地図