ロンドンの街並み
ヒースロー空港からロンドン市内へ

約12時間のフライトを終え無事ロンドンヒースロー空港に降り立ちました。

入国審査は通常個別で行いますが、小さな子供は保護者同伴でOKです。真新しいパスポートを、「Hello!」と元気に審査官に差し出したとーくんはとても嬉しそうでした。審査の定番でもある「何日滞在?」、「ホテルは決まっている?」、「滞在の目的は?」などと簡単な質問を受けた後、すんなり通ることができました。

預けていた荷物を受け取った後、(いつもだと地下鉄ですが)今回は奮発してブラックキャブでロンドン市内まで向かうことにしました。ゆったりとした広い座席に乗り込み、車窓からの風景を眺めながら私達親子のテンションも徐々に上がっていきました。

ブラックキャブ

ロンドン市内のホテルに到着したのは、現地時間の17:00頃でした。今晩1日こちらで休んだ後、明日はいよいよカーディフへと出発です。

まだまだお日様が沈むまで時間がありましたので、近くの公園をお散歩する事にしました。「あそこで遊びたい!」と、とーくんが駆けて行った先にはちょっとした遊具がありました。

私はゆったりとベンチに腰を下ろしそんな息子を眺めていると大切なことを思い出しました。その大切な事とは、カーディフに向かう前にプリペイド式の携帯電話をロンドンで購入しておく事でした。

今では、日本から持参した携帯も簡単に海外で使用できるかと思いますが、2004年当時はそうではなかったように思います。少なくとも私の携帯は使用不可でした。

やはり、緊急用の連絡手段として持っていると安心です。子供が一緒だと尚更必要と感じていたため必ず購入しようと考えていた物でした。

ロンドン市内

とーくんがそこそこ遊具に満足した頃合いで、私達はボーダフォンに向かい無事プリペイド式携帯電話を購入しまいた。カードに入金しておくとその分だけ使用できます。その後ホテルに戻り、その日は早めにベッドに入りました。

「明日はいよいよカーディフね」

イギリスの地図